説得力を高めるには

伝える内容の説得力を高めるには、どのような工夫が考えられるか。

大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)を参考として。

目次

伝わるように伝えるための視点3つ

他人に何かを伝えようと思うとき、いかにスムーズに、最大限の効果をもって受け止めてもらえるかということは、テーマでもあります。

他人に伝わるように伝えるための工夫の仕方として、大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)では、以下の3つのベクトルで整理されていました。

  1. 説得力を高める
  2. 分かりやすく伝える
  3. より関心を持ってもらう

説得力を高めるための工夫9つ

大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)では、「説得力を高める」工夫として、9つの視点が紹介されていました。

  1. 客観的事実
  2. 具体性・具体的な数字
  3. 相手がすでに知っていることを足がかりにする
  4. 証拠(結果、実績、ビフォーアフター、お客様の声、権威)
  5. 他のものと比べる
    ①他ジャンル商品
    と比較してメリットを強調する
    他商品と、別軸の効用を強調する(売上アップ、コストダウン)
  6. 3つの理由(心に入りやすい数字3)
  7. 三段論法(A=B、B=C、ゆえにA=C)
  8. 重複する言葉・似通った言葉があれば、どちらかを別の表現に
  9. あえて欠点も示す(相手に理由を納得してもらう)

”書く”にも”話す”にも持っておきたい視点

上記は、広告文の書き方として紹介されていた視点ではありますが、広告文に限らず、様々な場面で必要な視点だという気がしています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる