わかりやすく伝えるには

伝える内容の”わかりやすさ”を高めるには、どのような工夫が考えられるか。

大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)を参考として。

目次

伝わるように伝えるための視点3つ

他人に何かを伝えようと思うとき、いかにスムーズに、最大限の効果をもって受け止めてもらえるかということは、テーマでもあります。

他人に伝わるように伝えるための工夫の仕方として、大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)では、以下の3つのベクトルで整理されていました。

  1. 説得力を高める
  2. 分かりやすく伝える
  3. より関心を持ってもらう

わかりやすさを高めるための工夫9つ

大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)では、「わかりやすさを高める」工夫として、9つの視点が紹介されていました。

  1. 専門用語を避け、「具体的+感覚的に分かる言葉」
    ※避ける→調べないといけない熟語、ことわざ、横文字、専門用語
  2. 相手が使う言葉で語る
  3. 漢字30%+ひらがな70%
  4. 一文を短く
  5. 図・表・イラスト
  6. 五感に訴える表現
  7. 箇条書き
  8. 割引表現の注意点(割引前と割引後の値段を併記
  9. チャートで表現

”書く”にも”話す”にも持っておきたい視点

徹底して相手視点に立つと、どのような表現で、どのような順番で伝えるべきかが見えてくる感じがしています。

相手の”興味・関心”の芽を出してもらい、その芽を育てていく感覚が必要な気がしています。

あまり興味・関心がない → 少しだけ興味・関心が出る →興味・関心を持ち”自分ごと”になる 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる