より関心をもってもらえるように伝えるには

より関心を持ってもらい、より知りたいと思ってもらえるように伝えるには、どのような工夫が考えられるか・

大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)を参考として。

目次

伝わるように伝えるための視点3つ

他人に何かを伝えようと思うとき、いかにスムーズに、最大限の効果をもって受け止めてもらえるかということは、テーマでもあります。

他人に伝わるように伝えるための工夫の仕方として、大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)では、以下の3つのベクトルで整理されていました。

  1. 説得力を高める
  2. 分かりやすく伝える
  3. より関心を持ってもらう

より関心をもってもらえるような工夫3つ

大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)では、より関心をもってもらい、「続きを読んでもらう」工夫として、3つの視点が紹介されていました。

  1. 文末表現(各文章の文末表現を同じにしない)
  2. 小見出し(文章量の圧迫感を下げ、飛ばし読みする人を注意もつかむ)
  3. 問いかける(自分ごとに感じてもらう)

”書く”にも”話す”にも持っておきたい視点

書く上で上記のことを知っておくと、いざ”話す”となったときにも、頭のなかでの”伝えるための構成づくり”にも十分に役に立つ気がします。

伝える内容の何を強調し、どのように興味を持ってもらえるか。

”書く”と”話す”にも大きな繋がりがありそうです。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる