第2期!中小企業デジタル化応援隊事業(4/26スタート)

中小企業デジタル化応援隊事業の第2期が、2021年4月26日にスタートしています。

目次

中小企業デジタル化応援隊事業とは

中小企業デジタル化応援隊事業とは、中小企業庁・中小機構の事業で、全国の中小企業等の様々な経営課題を解決するために、 デジタル化・IT活用の専門的なサポートを充実させることを目的として、IT専門家を選定し、その活動を支援する取り組みのことです。

そもそもデジタル化・IT活用をしたいがどこから手をつければ分からない、ECサイト構築でのアドバイスが欲しい、テレワーク導入を進めるにはどうしたらよいか、など、IT周りの多用な課題を解決するための事業で、その課題解決のための支援事業の費用の一部を国が負担するというものです。

「第Ⅱ期中小企業デジタル化応援隊」利用についての手引書より

各期限

登録システムへの登録受付期限

2021年9月30日(木)

中小企業等とIT専門家による契約の締結期限

2021年11月30日(金)

IT専門家の支援実施報告の期限

2021年12月17日(金)まで

謝金、実費負担

支援単価については双方合意で、自由に設定

中小企業等による実費負担:1時間あたり最低500円(税込)

※事務局からIT専門家に支払われる1時間あたりの謝金:上限3,500円(税込)
※3,500円を上回る分については、中小企業等が実費として支払う。

支援単価: 2,000円の場合→謝金単価:1,500円、実費負担: 500円

支援単価: 3,700円の場合→謝金単価:3,200円、実費負担: 500円

支援単価: 4,000円の場合→謝金単価:3,500円、実費負担: 500円

支援単価:10,000円の場合→謝金単価:3,500円、実費負担: 6,500円

登録からの流れ

利用したい中小企業等が、登録からどのような流れで進んでいくのかをまとめてみました。

STEP
中小企業等:登録システムへの登録申請

中小企業デジタル化応援隊事業のホームページより、支援先企業として登録

※個人事業主の場合、①身分証明書、②所得税納税証明書、③所得税確定申告書Bの写しが必要。詳細はこちら参照。

STEP
(事務局:申請内容等の確認、相談案件登録依頼の送信)※1~3営業日
STEP
中小企業等:相談案件登録/直接提案依頼

マイページが作成されるので、マイページへのアクセスが可能になります。

相談案件を登録し、対応してくれそうなIT専門家からの提案を待つパターンと、あらかじめ相談したいIT専門家が決まっている場合は直接提案依頼するパターンとがあります。

STEP
(事務局:相談案件の登録審査)
STEP
(IT専門家:支援計画の提案)
STEP
中小企業等:提案確認・協議→合意
STEP
(事務局:成立要件審査、業務委託契約締結依頼)
STEP
中小企業等・IT専門家:業務委託契約締結
STEP
中小企業等・IT専門家:支援活動

IT専門家は、ステップごとに支援実施報告を行い、中小企業等・事務局は確認することとなっています。

STEP
(IT専門家:謝金申請)
STEP
(事務局:謝金申請確認、支払決定通知)
STEP
中小企業等:実費負担分の請求書受領、支払い

第1期からの継続性について

  • 第1期中小企業デジタル化応援隊事業に登録を完了した中小企業等は、ログイン時に再度利用規約に同意した上で、第2期も利用可能
  • 事務局が補助する謝金は、第1期第2期通算での累積合計が30万円(税込)以内
  • 中小企業等が第1期中小企業デジタル化応援隊事業で登録した相談案件は、第2期にデータを引き継ぎ、登録されている


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる