「戦略」は目に見えないからこそ、従業員に”伝わる”努力が必要とされる

経営者が考える「戦略」は形にしづらく目に見えづらいゆえに、従業員へ”伝わる”努力が意識的に必要とされます。

竹田陽一著「小さな会社★社長のルール ランチェスター経営成功への実践手法」(フォレスト出版) を参考として。

目次

「戦略」は重要なのに、目に見えない

経営者の仕事は、「経営の目標」を考えたり、「戦略」を考えたりと、形がなく目に見えないものが多いものです。

”自社がどのような方向に向かっていくか(目標、戦略)”


経営者として誰しも考えることで、会社にとって非常に重要なことですが、目に見えないがゆえにつかみどころがなく会社内部で共有することに、一定のハードルが存在してしまっています。

従業員へ伝える努力が意識的に必要

目に見えづらいものであるからこそ、従業員がいる場合には、自社の「目標」や「戦略」を共有するために、伝わる努力を”意識的に”行う必要性が生じます。

意思が伝わらないまま進んでいった場合経営者として自社が向かっていきたい方向に向かっていけなくなりますし、ミスや損失も増えてしまいます。

仕組みを作る

経営者の「目標」「戦略」を会社全体に伝えていくためには、”意識的に”伝わる努力が必要です。

伝えるために必要なことは、 竹田陽一著「小さな会社★社長のルール ランチェスター経営成功への実践手法」(フォレスト出版) を参考にしつつ、まとめてみると、以下のようなことが考えられます。

  • 言語化
  • 接する時間を意識的に増やす
  • 具体的な業務に際しては、言葉を落とし込み「マニュアル」を作る
  • マニュアルがイメージしやすいよう「動画」を活用する
  • ロールプレイング(演習)をする

従業員が担当するのは、「具体的な業務」です。

概念を伝えるだけではなく、それを”より具体的な行動”なレベルに落とし込み、かつ、浸透するまでしっかりと見届けてはじめて、従業員に伝わった、と言えるのだろうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる