漠然とした不安は、「100点満点で何点か?」を起点にしてみる

どうにもモヤモヤしているときは、まずはざっくりとした感覚を起点(手がかり)にして言語化し、可視化していくのもいいと思います。

目次

漠然とした不安で立ち止まっているときにやってみること

どうにも漠然とした不安があり、何をしていいか分からず、立ち止まってしまうことがあると思います。

どうにもとっかかりが掴めないときは、ざっくりと「今は、100点満点で何点だろうか?」を起点にしてみるのもひとつの手です。

漠然とした状態でも、感覚的に何点くらいといえるだろうか、ということは何となく点数付けをすることができるものです。

満点の状態を言語化する

100満点中何点かを言うことができるということは、逆にいえば、100点満点の状態を感覚的に掴めているということになります。

そうすると、現状の込み入った状況をまずは差し置き、100点満点の状態を考えるようになります。

100点満点の状態の言語化は、割とするすると出てくるものです。ここを思いつくままに言語化していきます。

できれば、第三者に聞いてもらうのがベストです。

あるいは、自分でとにかく書き出すのもよさそうです。

どのような「条件」が整えば近づけるか、からプロセスを可視化していく

100点満点の状態を言語化していくと、ゴールを可視化することができるようになります。

次の段階として、どのような「条件」が整えば、その満点の状態に至ることができるかと考え、言語化していきます。

そうすると、自身が何をしていけばよいかの糸口が掴めることがあり、少しずつ状況を改善していくことができます。

唐人屋敷跡 (長崎市)の天后堂



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる