業務案内

目次

税理士に、こんなイメージはありませんか?

気軽に相談しづらい。

担当者がころころ変わる。

税理士本人と会う機会がほとんどない。

節税の提案やアドバイスがない。

・決算や税額の予測をしてくれず、納期限ぎりぎりにならないと税額が分からない。

月次や決算の資料準備で、それが必要な理由の説明がない。省ける手間があるなら省きたい。

・面倒な経理・税務面を任せたいから顧問料を払っているのに、会計ソフトへの入力をするよう言われてしまう。

・税金計算のみで、資金繰り改善や目標売上の考え方など、経営全般のサポートをしてくれない。

質問しても返答がない(遅い)。いつまでに回答がもらえるかすら返答がない。

ITに疎く、無駄にFAXや郵送を求められる。

クラウドツールが便利だと聞くが、一切そのような話や提案もなく、むしろ消極的。

・チャットツールやビデオ通話で税理士とも仕事がしたい。

見積書や料金表や契約書などの明示がない。

当事務所の方針

代表税理士である酒井寛志本人が、お客様を担当いたします。

・税理士本人が直接担当するため、税務上・財務上でできる支援や経理効率化などのご提案があれば、積極的にお話します。

・お客様の状況やご要望に合わせ、ITや書類整理グッズなどをフル利用し、月次や決算の資料準備の効率化の提案を行います。
経理に必要以上の手間をかけて頂かず、事業のこれからに集中して頂けるような環境を整えています。

・決算月の前に、決算や税額の予測を行っています。
さらに財務顧問契約のお客様には、期の始めから着地の予測をスタートし、さらに早期の段階で税額や資金残高の予測を行っていきます。

・税務に限らず、経営数字の見方や、目標売上の見方・立て方資金繰り面でのご提案銀行への対応サポートなど、財務面を中心とした経営全般のサポートを行っています(財務顧問ご契約の方)。

クラウドサービスの導入に積極的です。

チャットツールを利用し、質問にも可能な限り速く回答するよう努めています。すぐの回答が難しい内容については、いつまでに回答するかなどの意思表示を必ず行います。

・業務提供前に料金のお見積りを提示し、継続顧問契約時には契約書を交わします。

・税務調査は、法律に則り、納税者の権利を守るため、納税者の側に立ち、交渉していきます。

多分野の専門家(法律問題、登記、社会保険、行政手続きなど)のご紹介を行っており、ワンストップで業務の提供が可能です。

私の考え方

税理士本人が直接担当し、定期的にお打合せしつつ、お客様の考えや相談事や今後の展開をお伺いし、共有いたします。

そうすることで、税務はもちろん財務をはじめとした「お客様の経営のこれからのこと」へのサポートが可能となります。

私は、過去の数字の集計は、時代の進展にあわせ、取り組みやすいITやクラウドで効率的に行います。

そして、”お客様の経営のこれからのこと”へのサポートに、主な時間を注いでいきたいと考えています。


また、税務だけでなく、

「決算書の数字はどのように見たらよいだろうか?」

「うちの会社はいくらくらい売上高を上げれば会社のお金は増えていくのだろうか?」

「うちの会社の資金繰り状態は大丈夫だろうか?」

「使える補助金はないだろうか?」

などといったことも、遠慮なくぜひお話し下さい。

税理士は、税務申告を通じ、お客様の経営数字について最も詳しい存在です。

税務以外でも可能な限り力を尽くし、お客様の経営にお役に立てるよう努めて参ります。


「お話を聞くこと」
これが私がもっとも大事にしている価値観です。

あるときはアドバイザーとして社外からの一歩引いた立ち位置で物事を見、あるときは社内の社員の一員のような思いで経営課題の解決を考え、誰かに相談しようかと思ったときに真っ先に思い浮かべてもらえる存在を目指して参ります。


長崎及び佐賀を中心にお受けしますが、遠方の方も、オンライン(Zoom、google meet)やチャットにより対応します。

また、平日夜間・土・日・祝なども、事前にお約束頂くことにより、対応が可能です(電話対応は平日のみ)。
平日昼間に時間が取れない業種の方なども積極的にお受けいたします。

業務一覧

目次
閉じる