頂き物のすももで「すももジャム」を作る

実家からすももをたくさんもらったので、すももジャムを作ってみました。

目次

果物を無駄にしないためのジャム

うちではあまり果物を食べる習慣がなく、せっかくの頂きものの果物が消費しきれないときがありました。

なので、果物をたくさんもらったときは、無駄にしないためにも、ジャムにしてパンに乗せて少しずつ食べるようにしています。

今回、実家からすももをたくさんもらったので、すももジャムを作ってみました。

ジャムにする前に写真を撮るのを忘れていたため、イメージ画像です、、

すももジャムの作り方

アレンジしようと思うと、レモン果汁を入れたり、バルサミコ酢を入れたりというレシピもあるのですが、今回はシンプルに、すもも+砂糖のみで作りました。

STEP
すももを切って鍋に入れ、砂糖を入れる

すももの切り方は、ただ2つに切るだけです。

皮をむく必要もないですし、種は後から取ります。

砂糖は、すももの半分の量が目安です。

STEP
煮る

最初は中火で、沸騰したら弱火にします。

水は不要です。

途中でアクを取っていきます。

煮る総時間は概ね30分程度です。

STEP
だいぶ煮えてきたら、種を取っていく

煮えてきて本体が溶けてきたら、種が取れるようになるので、スプーンなどで種を取っていきます。

結構、簡単に取れます。

STEP
煮えて粗熱が取れたら容器に移す
STEP
完成!





まとめ

皮をむく必要もないですし、ただ30分煮るだけでした。種は煮えてくると簡単に取れるので、手間もありません。

とても簡単にできます。

今回、少し砂糖が足りなかったような、、

すもも自体が少し酸っぱいものだったようで、甘くないジャムができましたが。。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる