経営数字を改善するために持っておきたい”順番”の感覚

経営数字を改善しようと思ったとき、手を打つ順番を誤ると、改善できないこともあります。

なんとなくでよいので、手を打つべき”順番”の感覚を持っておきたいところです。

目次

①粗利の改善

前回記事でもご紹介したとおり、「粗利」をより稼ぐことができれば、「固定費」を確実に支払い、さらに「利益」を伸ばしていくことができます。

「利益」を伸ばしていくことができれば、将来必要な設備投資の資金を貯めていくこともできますし、スタッフの賞与を増額することができたり、昇給させたりすることもできます。

お金のブロックパズル

まず、考えていきたいのは、この”「粗利」をどのようにして伸ばしていくことができるか”、ということになります。

ひと言で”粗利を伸ばす”といっても、手法は本当に様々なものがあります。

  • 付加価値の高い商品を作る
  • より積極的に営業する
  • リピートで購入してもらえるような試みをする
  • 仕入れ値を下げる
  • 仕入れのロスを減らす努力をする

抽象度を高めに分解しただけでも上記のように分かれますし、より具体的にできることを考えていくと、できることは様々あります。

粗利を上げるとは、自社が社会に対して生み出している(付加している)価値を大きくしていくことともいえますので、事業として本質的な努力ともいえるような気がします。

②物に関する経費の改善

経費のうち大きいものとして、「人件費」が挙げられますが、個人的には、人件費の削減(減給、リストラ)には最後の最後まで手をつけるべきではないと考えます。

会社は、経営者だけでなく様々な人の尽力によって成り立っており、その点を見失ってしまうと、改善どころか現状の維持すら難しい場合がほとんどです。

よって、考えたい経費の改善は、”物”に関する経費の改善です。

例えば、整理整頓して物の使用状況の管理に力を入れるだけでも、無駄な物の購入を減らす効果が期待できます。

水道光熱費の改善なども、効果は小さくとも、意識するだけで違いが出やすい経費といえます。

③物に対する投資・運用状況の見直し

例えば、社用車の運用状況など、車両や設備の状況を見直し不要な物は売却したりして集約することで、維持コストを見直すこともできます。

車であれば、紐づきで、駐車場代などの減少を見込むこともできます。

④生産性を上げる

人件費を削減するという発想を持つのではなく、”どうすれば労働生産性を上げることができるか”、と発想したいところです。

労働生産性の向上とは、すなわち、「スタッフ1人あたりが担っている粗利を増やす」ことを意味します。

スタッフ1人ひとりに、より”粗利が増える行動”を取ってもらうことができれば、みんなの力で粗利を上げていくことができます。

そのためには、自社にとってどのような行動をすれば”粗利が増える行動”なのかを具体的に定義し、各スタッフに対して語りかけていくという発想が必要になります。

事業の存続に支障のない範囲で、報奨金・賞与・手当などのインセンティブを考えることも必要かと思います。

より売上に紐づく経費の見直しは、慎重に行う

広告宣伝費や販売促進費など、より売上高の維持・拡大に紐づくものに関しては、安易に削減を考えず、慎重に”費用対効果”を検討すべきと考えられます。

例えば、広告宣伝であれば、媒体ごとに、よく買ってくれる層や自社がターゲットとする層に響いているかどうかをよく検証し、費用対効果が取れていると見込めるのであれば、削減することはかえって逆効果になります。

順番を意識する

ひと言で経営数字の改善といっても、個別性の強いものです。

個別の状況によっては、順番が低くとも優先して手を打つと効果が出る場合もあります。

しかし、一般的な“順番”を知っておくだけでも、経営改善のアイデアと優先順位の参考になりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる