売上の”面積”を広げる

売上の伸ばしていくには、多面的にアプローチし、”面積”を広げるという発想を持っておきたいところです。

作間信司「一倉定の社長学」(プレジデント社)を参考として。

目次

線より面で考える

”売上を伸ばそう”と思ったときには、何か一つだけに固執しすぎず、多面的に考えるなかでできることをやってみたいところです。

例えば、売上を伸ばそうと思うと、量を稼ぐことだけに目がいきがちですが、単価を高めるというアプローチもありますし、リピート率を上げるというアプローチもあります。

量だけを稼ぐのではなく、様々なアプローチを組み合わせ、線より面で考えることで、”面積を広げる”という発想を持ちたいところです。

売上を伸ばすには

”売上を伸ばす”

事業者誰しもがテーマとして抱えている課題といえるかもしれません。

ただ、単純に”売上を伸ばす”と考えてみてもかなり漠然としています。

業種問わず、売上は、以下の要素で構成されています。

  • 単価
  • 数量
  • リピート

この要素ごとに何ができるかを考えていくと、より具体的・建設的に考えていくことができます。

また、業種問わない要素のなかで考えることで、他業種で行われている施策を取り入れるという視点を持つこともできます。

ブランドを尖らせる、徐々に数量も伸ばす

量だけで面積を広げるには限界がありますし、商品によってはブランド価値が低下するといった事態も考えられます。

そのため、まずは質を高め、磨くことでブランドを尖らせてその後に量的な展開も図っていくと考えた方が、上にも横にもバランスよく伸び、結果として面積が増加していくことに繋がります。

質を高め、磨くには、人への投資(技術力向上)、物への投資(設備投資)が必要となるため、長期的な投資の視点も必要になってきます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる