相手の視野が広がるような「質問」をするには

相手のペースを大切にし、かつ、より相手のお役に立てるには、と考えたときに、できるだけ相手の頭が整理され、かつ、会話のなかで「気づき」があり、視野が広がるような「質問」をしていきたいものです。

コーチ・エィ「コーチングの基本」(日本実業出版社)を読んで。また、キャッシュフローコーチとして考えたことを参考として。

目次

「質問」の目的

「質問」は、通常、自分が知りたいことを聞くということが一般的です。

しかし、「質問」を受ける側に立ってみると、誰かの質問に答えるなかで、”自分という人間はこんなことを考えていたのだな””モヤモヤしていることを口に出してみると、それに連想する形で新しいアイデアが出てきた”といった経験があります。

頭のなかにモヤモヤしていることも、相手の質問に答えるという形で口に出すことで、”自分の耳も聞いている”ので、自分の考えを客観的に眺めることができます。そうすると、考えを次に進めていくことができます。

「質問」をする側として、このような形で、”相手の考えを進めてもらう”という形でお役に立つためには、相手に自身の頭のなかを整理してもらえるような「質問」を考えることに、意味が出てきます。

「質問」の目的を、”自分が知りたいことを聞く”というシフトから、”相手の考えを整理してもらう”というシフトに変える必要が出てきます。

「質問」の目的
  • 考えを整理してもらう
  • アイデア出しを促進する
  • 視点を変えてみる
  • ”気づき”を持ってもらう
  • 他の選択肢を模索する
  • 問題点の輪郭をはっきりさせる
  • 目的・目標の輪郭をはっきりさせる

より掘り下げるか、よりバリエーションを増やすか

「質問」の方向性「答え」の傾向効果
今の話題を「クローズ
アップして(掘り下げ
て)」聞く
より具体的になる行動しやすくなる
今の話題を「抽象的に
して」聞く
より抽象的になるバリエーションが
広がり、アイデア
が出やすい

より具体的にしていくか、より広げていくか

「質問」のキーワード「答え」の傾向効果
いつ
どこで
誰が
物事が限定
されていく
行動しやすくなる
どのようにして
なぜ
物事が拡大
していく
考えを広める・深める

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる