長崎で一番美味しいと思うコーヒー

長崎で一番美味しいと思うコーヒーで、カリオモンズコーヒーロースターのエル・ミラドールという豆があります。

目次

風味の特徴

「エル・ミラドール」は、エルサルバドルのエル・ミラドール農園で生産された豆です。

長崎では、カリオモンズコーヒーロースターで売っています。

「エル・ミラドール2019」は、以下のように説明されています。

わたあめのように繊細な飲み心地。口の中を漂う柔らかな質感とともに栗や砂糖菓子のような和の甘みが優しく広がり、りんごジャムを思わせる薄く淡い酸が味わいの輪郭をうみだしている。後味はキャラメルを舐めたように甘く長い。

カリオモンズコーヒーロースターHPより

口当たりは軽やかで、酸味もほぼありません。

ブラックでも甘味を感じ、後味はさっぱりなので、すぐに次が飲みたくなるコーヒーです。

カリオモンズコーヒーロースターとは

カリオモンズコーヒーロースターとは、長崎県西彼杵郡時津町と長崎市に店舗を持つ珈琲豆の販売店・カフェです。

地球の裏側までコーヒー農家を訪問し直接買い付けをし、自分たちで焙煎・販売されている専門店です。

オリジナルブレンドのほか、他の農園の豆や品種が混ざっていない「シングルオリジン」も多くあり、品種本来の味を楽しむことができます。

常時5~6種類ほどのシングルオリジンの豆を取り揃えられています。

数ある豆のなか、僕の一番のお気に入りは「エル・ミラドール」です。

味音痴でも分かる差

どちらかといえば味音痴で、食べ物や飲み物の味の違いもさほど分からないのですが、そんな僕でも、カリオモンズコーヒーのコーヒー豆の香りのよさと味のよさは、明らかにインスタントのものとは異なっていて、朝や昼食後、愛飲しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる