言葉の奥にある感情にフォーカスする

言葉の意味だけを拾うのではなく、その奥にある感情にフォーカスすることを心がけたいところです。

永松茂久著「人は話し方が9割」(すばる舎)を参考として。

目次

言葉の奥にある感情

相手の言葉だけで物事を理解しようとすると、大抵の場合、うまくいかない事態が生じてしまいます。

しかしながら、意外と”言葉だけで理解しようとしている”自分に気づかないこともあります。

ゆえに、普段から留意しておく必要があるのだと思います。

言葉とは、感情全体のうち、氷山に出る一角に過ぎません。

言葉にならない感情というものもありますし、すべての言葉の奥には必ず感情全体というものがあります。

そこを理解しようとせず、相手の言葉だけで理解しようとすると、結果として行き違いが生じることになります。

エネルギーをかける

相手の言葉の奥にある感情を理解しようとすることには、まずもって、相手を理解しようとする気持ちが必要です。

そして、相手が見ている世界観を自分も見ようとするには、思っているよりも多くの心的エネルギーが必要とされます。

”人の話を聞く”とは、簡単なようでいてとても難しい気がしています。

何よりもできるだけ心のエネルギーが充実している状態である必要があります。

「for you」

話し方で最も重要なのは、「それを誰が話すのか」ということと「そこに込める気持ち」なのだと思われます。

言葉の上手い下手ではなく、「fou you」という気持ちを持って相手と話せているかどうか。

同じ言葉でも、そこに「for me」という気持ちがあると「fou you」という気持ちがあるのとでは、印象が真反対ほど異なるものになります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる