思考→言葉→行動→習慣、のサイクルを回す

自分自身を前に進めるためには、日常の1つ1つの「所作」が土台になっていると考えています。

目次

”一発逆転”はない

日々仕事していると、きっと何かのきっかけがあれば、、後からまとめてやればいいや、、などと考えてしまいがちですが、そういった”一発逆転”はそうそうあるものではないですし、少なくとも自分で何とかできるものではなかったりします。

何がどのように繋がり、流れになっていくか

仕事にしても、自分自身の人生そのものにしても、何をもって自分自身の目標とする「あり方」に近づいていくか、と考えたときに、マザー・テレサの言葉をよく思い出します。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサの言葉

「性格」や「運命」というレベルになると、大きすぎてよく分からなくなってしまいますが、以下であれば、とても非常にイメージがしやすいと感じます。

思考→言葉→行動→習慣

税理士のように、言葉によって他者に影響を与える仕事においては、特に「言葉」が大事です。

どのような言葉を選び、どのような言葉を発していくか。

しかし、「言葉」だけに気をつけては限界があるもので、その「言葉」のおおもとになっているのは、「思考」だと思うので、この「思考」をよりよいものにしていく必要があります。

私にとっては、”他人に寄り添い、肯定的・共感的に捉えること””安心してもらうこと・安全であること・ポジティブであること”がよりよいものと考えるので、日々、そのような「思考」になるように、気をつけています。

「言葉」は「行動」に繋がりますし、何よりも、「言葉」と「行動」が一致していなければ、信用を得ることができません。

さらにはこれらの行動の束が「習慣」になっていきます。

サイクルを回していく

上記のように、「思考」「言葉」「習慣」「思考」が一連として繋がるというサイクルができあがります。

このようなひとつの「型(肯定的・共感的・安心安全であること・ポジティブな場になること)」をもとに、このサイクルを回していくことで、自分の仕事や人生を、よりよい「あり方」に改善していこうと考えています。

滝の観音(長崎市)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる