スマホ操作のラベルライター「P-TOUCH CUBE」のメリット3選

ラベルライター(商品名でいうと「テプラ」が有名)で、スマホアプリで操作が完結する「P-TOUCH CUBE」を使っています。

目次

一般的なラベルライターのデメリット

書類への貼付け、クリアブックなどへの貼付け用に、何かとラベルライターがあると便利です。

便利なのですが、購入するにあたってはネックに感じていたことがありました。

キーボード操作が独特

一般的なラベルライターには、専用のキーボードがついているのが一般的です。

しかし、めったに使うものでもないので、ボタンの大きさやバックスペースなどの配置が独特な感じがして、苦手でした。

漢字変換のクセが独特

一般的なラベルライターの漢字変換、独特なので結構苦手でした。

候補を探すにもウィンドウが小さく、特に名前をラベルにするときの漢字などで、

なかなかお目当ての字が出てこない、、ということがよくありました。

コードを繋ぐのが面倒

めったに使うものでもないので、通常しまってあることが多いものです。

そうすると、使用するときには、都度出して、コードをさばいて繋がなければならないことを煩雑に感じていました。

「P-TOUCH CUBE」のメリット3選

たどり着いたのが、brotherのラベルライター「P-TOUCH CUBE」です。

「P-TOUCH CUBE」
キーボードもなければ、コードも不要(電池)

使用していて、とても便利に感じています。

そのメリットについて。

メリット①キーボードはなく、すべてスマホアプリで操作

「P-TOUCH CUBE」にはキーボードがありません。

ラベルのプリンター部分のみが「P-TOUCH CUBE」なのです。

「P-TOUCH CUBE」でラベルを出力している様子

操作はすべて専用のスマホアプリで行います。

スマホでラベルを編集し、出力指示を出すのです。

スマホアプリの画面
スマホアプリでのラベル編集画面
スマホアプリでのラベル編集画面

メリット②漢字変換のストレスがなくなった

スマホで文字入力を行うので、漢字変換なども普段使うスマホの準じています。

普段使うスマホの感覚で、漢字変換していけるので、独特の漢字変換のクセへのストレスがありません。

メリット③コードレス

「P-TOUCH CUBE」にはコードがありません。

電池式なのです。

たまにしか使わないので、しょっちゅう電池交換する必要性もなく、

電池式であることに不満を持ったこともありません。

なにより、コードをさばいたり繋いだり片付けたりする必要がありません。

すぐに取り出して、「P-TOUCH CUBE」の電源を入れ、

スマホとBluetoothで繋げば、すぐに使用可能です。

スマホとBluetoothで繋ぐ

まとめ

手書きの字が綺麗ではなく、シール印刷も手差しが面倒に感じていたので、

ラベルライターがあるといいなぁと思っていました。

確定申告時期ということもあり、ラベル印刷を多く行うなか、

やはり「P-TOUCH CUBE」の使い勝手はよく、ストレスもとても少なく、重宝しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる