言葉は”タイミング”によって印象も影響も違ってくる

同じ言葉でも、どのタイミングで使うかによって、効果も印象も影響もまったく異なるものになります。

コーチ・エィ「コーチングの基本」(日本実業出版社)を参考として。

目次

言葉はタイミングが重要

同じ言葉でも、どのタイミングで使うかによって、効果も異なり、印象も異なり、影響も異なるものとなります。

例えば、「~に注意です」という言葉を、事前にいえば説明ですが、事後にいえば言い訳に聞こえます。

自分が困っているときに受けるアドバイスはとても有用ですが、困っていないときに受けるアドバイスは”ただのお節介”になることもあります。

同じ言葉でも、歓迎される効果的な場面もあれば、歓迎されない場面もあります。

コーチングかティーチングかは、常にどちらか一つ、ではなく、タイミング

例えば、コーチングにはメリット満載で、ティーチングがデメリットしかないので、常にコーチングという技術で接する、というのは極端な考え方といえます。

コーチングはメリットが多くありますが、使うタイミングによっては効果が発揮されず、ティーチングの方が効果を発揮することもあります。

コーチングが適している場面・適していない場面
  • 相手に疲労が蓄積している場合
    →対話に安心感と集中力(緊張感)の両方が必要な「コーチング」は適さない場合あり
  • 相手に業務経験が不足している場合
    →何が分からないか分からない、絞り出してもアイデアが出てこない、といった段階では、「コーチング」よりもまずは「ティーチング」
  • 対応に緊急を要する場面
    →効果に一定のペースが必要とされる「コーチング」は適していない
  • 相手に業務経験が十分である場合
    →寄り添って、対話を通して一緒に考えていく「コーチング」が適している
  • 相手の業務経験が成熟してきている場合
    →「コーチング」でも、過度な介入を避けつつも、目を離さず必要なときに支援することに重きを置く

タイミングを見極めるために必要な努力

人の言葉には”影響力”があります。

ゆえに、タイミングが重要になってくると思うのですが、そのタイミング、どのようにしたら見極めることができるようになるのか、コーチ・エィ「コーチングの基本」(日本実業出版社)を参考にして考えてみました。

  • 相手に対して深い関心を持つ → 相手は今何に困っているのか?どのような状態にあるのか?
  • 周囲に対する繊細な観察力を養う → 相手は今どのような心情か?自分の立ち位置から何をすることが最適な関与か?
長崎市深堀町
妻方のお墓参りに行ってきました

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる