”読まない・信じない・行動しない”を突破するには

「関心を持っていない段階(”読まない・信じない・行動しない”)」相手から、関心を持ってもらえるようにするには。

大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)を参考として。

目次

読まない・信じない・行動しない

大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)で紹介されていたマーケターのマクスウェル・サックハイムの言葉が印象的でした。

お客様は、広告を

  1. 読まない
  2. 信じない
  3. 行動しない

と捉えていることが標準だ、という言葉でした。

広告に関する言葉ですが、これは、他人の行動を必要とする/他人を説得する・行動を促す業種のいかなることにも繋がるものがありそうです。

”ボディコピーの5つの法則”から学ぶ

広告でいえば、ボディコピーが「説得」にあたるとされています。

大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)で紹介されていたボディコピーにおける留意点(5つの原則)から、ボディコピーに限らない学びが多くある気がしています。

  1. 目の前の相手に対して語る
    (「1対多」ではなく「1対1」で語る方が、自分ごとで捉えてくれる)
  2. 「私」ではなく「あなた」の視点で語る
    (自分の都合ではなく、相手にとってどうなのか、を語る)
  3. 伝えたいことをシンプルに絞る
    (複雑に感じさせないようにする)
  4. 長い文章は避ける
  5. 「わからせる」ではなく「気づかせる」

”2つの原則”から学ぶ

さらに、大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)で紹介されていた、心がけるべき”2つの原則”も、とてもヒントになるものでした。

  1. 続きを知りたくなる流れを作る=”同じ未来を見てくれている”と思ってもらえるようにする
  2. 購入する意欲を育てる=”一緒に育てる”感覚を持ってもらえるようにする

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる