年明けシステム統合後、旧十八銀行の通帳などはどうなるか

10月1日の十八銀行と親和銀行の合併を受け、来年2021年1月4日に旧親和銀行のシステムへ統合されます。

その場合、旧十八銀行の通帳、口座番号、キャッシュカードなどはどうなるのでしょうか。

システム統合に伴う重要なお知らせパンフレット【総合パンフレット(システム統合版)】が発表されています。

目次

旧十八銀行口座の番号はどうなる?

来年2021年1月4日以降、旧十八銀行の口座の番号は、以下となります。

旧十八銀行の口座番号

普通預金、当座預金 → 変更なし

総合口座定期預金、投資信託、外貨預金 → 変更あり

旧親和銀行の口座の番号は、すべてにおいて変更なし

旧十八銀行口座の通帳はどうなる?

来年2021年1月4日以降、旧十八銀行の通帳は、新しい十八親和銀行通帳へ繰越が必要です。
なお、繰越期限はありません。

繰越は、窓口・通帳繰越機で行うことが可能です。

繰越をすると、旧親和銀行の窓口やATMなどで使用することができるようになります。

旧親和銀行の通帳は、そのままで使用可能

旧十八銀行口座のキャッシュカードはどうなる?

来年2021年1月4日以降、旧十八銀行のキャッシュカードは、引き続き使用可能です。

ただし、旧十八銀行店舗でのキャッシュカードの新規発行・再発行につき、一定の制限があります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる