十八銀行と親和銀行の合併への対応【長与町の場合】

10/1に十八銀行と親和銀行が合併となります。

西彼杵郡長与町へ納税をしている場合、謝金などを受け取っている場合など、何か対応が必要かどうか。

長与町が対応を公表しています。

目次

十八銀行と親和銀行の合併

2020年10月1日(木)に、長崎県を拠点とする親和銀行と十八銀行とが合併し、十八親和銀行として新たにスタートする予定となっています。

十八銀行からのお知らせ
親和銀行からのお知らせ
※内容は同じです。

長与町の対応

銀行の合併に伴い、納税や謝金受取りなどはどうなるの?何かしなければいけないの?という疑問が出てくると思います。

長崎県のなかの西彼杵郡長与町が、これに対してHPで対応を公表しています。

町民税の納付書に旧銀行名が載っているけど、使えるの?

納付書に記載されている金融機関名が旧銀行前でも、そのまま使えます。

税金などの口座振替はこのまま使えるの?

税金などを口座振替にしている場合、銀行変更に伴う手続きの必要はありません。

長与町から手当等を支給されている場合、振込先の変更手続きなどは必要なの?

振込先の変更手続きは必要ありません。

他自治体は?

他の自治体からのHP上での公表は今のところ(9/19時点)ではないようですが、長与町と同様の対応になる可能性が高いのではないかと思います。

とはいえ、まだ分からないので、今後の対応に注視していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる