台風への備えとしての「デジタル遺産の整理」

2020年9月6日現在、大型の台風10号が近づいています。

“これまでに経験のない大雨・暴風”との報道もあり、進路に近い長崎市に住んでいることから、様々な対策をしています。

部屋の窓ガラスが割れるなどでの万が一のことも考え、自分のデジタル遺産をどう管理すべきか、についても考えました。

目次

事業主としての台風への備え

2020年9月6日現在、九州へ、大型の台風10号が近づいています。

今年は特に、事業主として責任を持って台風への備えを考える必要があります。

どのように対策するかを考え、色々と対策しています。

台風への備え
  • 窓ガラスに養生テープを貼る
  • 窓ガラスに飛散防止シートを貼る
  • ベランダの物(植物、物干し竿、ブロックなど)を室内へしまう・風を受けにくい場所へ移動させる
  • 数日分の飲食料を備蓄しておく
  • 停電に備え、携帯などの充電器を備えておく・電池のストックを確認しておく
  • 停電に備え、冷蔵庫を整理する
  • 懐中電灯を手元に準備しておく
  • 断水に備え、バスタブに水を貯めておく・水をもらいに行くための携帯用水タンクを準備しておく
  • ガス停止に備え、ガスコンロとガスボンベを確認しておく
  • パソコンなど事業用の重要なものを安全な場所に移動させておく
  • 貴重品を整理しておく
  • デジタル遺産を整理しておく

デジタル遺産を整理する

なかでも今回考え、行ったことの一つに、「デジタル遺産の整理」があります。

きっかけは、以下の方々のブログです。

僕の場合、仕事はほぼペーパーレスで行っています。紙資料はほぼありません。かつ、PC本体に保存しているものもほぼなく、基本的にすべてクラウドストレージで管理しています。

そのほか、事業に限らずプライベートなものについても、デジタルで管理しているものがほとんどです。

そこで、これら「デジタル遺産」については、以下の方針を取りました。

1)ドキュメントファイルに残し、セキュリティを施した上で、家族と共有

2)Googleのアカウントについて、一定期間使用されなければ無効化する設定

何があってもいいように

災害への備えをどうすべきか、事業主として・家族のいる世帯主として、何をすべきか考え、対策しています。

特に、デジタル遺産については、今回特に調べて考えて、自分のスタンスを定め、対策をしました。

長崎中華街中秋節(過日撮影)。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる