パソコン上のフォルダごとGoogleDriveに移管する

自分の端末や社内サーバーにあるフォルダごと、GoogleDriveに移管できるのかどうか。

結論としては、そのまま移管できます。

留意点もあります。が、それを踏まえていれば、メリットデメリットを推し測ることが可能です。

目次

フォルダごとGoogleDriveに移管する方法

自分の端末や社内サーバーにあるフォルダをそのまま簡単にGoogleDriveに移管することができれば、クラウド化は非常に簡単・身近なものになります。

その方法、いくつかの留意点さえ気をつければ、非常に簡単にできます。

例えば、デスクトップに以下のフォルダがあり、MSオフィスのデータ(Word、PowerPoint、Excel、マクロつきExcel)があるとします。

移管は、ドラッグ&ドロップするだけです。

GoogleDriveにフォルダごと移管完了です。フォルダの中身もそのままです。

GIF画像

※動画が再生されない場合は、クリック・拡大すると再生されます。

主な留意点

いくつか留意点があります。

むしろ以下以外、留意すべきことはないといってもよいくらいです。

ExcelをGoogleスプレッドシートに変換した場合、マクロが無効になる

GoogleDriveでExcelを見る場合、Googleスプレッドシート形式で開いた方が見やすいため、Googleスプレッドシート形式で開くことになると思いますが、その場合にはExcelのマクロは無効となります。

これは、Excelマクロで使用されている言語(VBA)とGoogleスプレッドシートで使用される言語(GAS)が異なるためです。

とはいえ、データ自体が壊れるわけではありません。

マクロつきExcelを使用する場合、デスクトップにダウンロードし、Excel形式で開いて使用することになります。

ExcelをGoogleスプレッドシートに変換した場合、Googleスプレッドシートに対応していない数式もある

上記と同じく、GoogleDriveでExcelを見る場合、Googleスプレッドシート形式で開いた方が見やすいため、Googleスプレッドシート形式で開くことになると思います。

Excelで使用できる数式とGoogleスプレッドシートで使用できる数式、ほぼ同じですし、メジャーな数式はほぼ引き継がれるのですが、マイナーな数式で対応できないものもまだあるかもしれません。

これも、データ自体が壊れるわけではないので、デスクトップにダウンロードしてExcel形式で開けば通常に表示されます。

ExcelをGoogleスプレッドシートに変換した場合、日付・グラフの表示を確認する必要がある

ExcelをGoogleスプレッドシート形式で開いた場合(あるいは変換した場合)、日付の表示やグラフの表示・色味が異なる場合があります。

日付については、「ファイル」の「メニュー」→「スプレッドシートの設定」で”言語と地域”の項目を「日本」に変更し、保存することで修正されます。

グラフが入っているExcelであれば、グラフの表示や色味を確認した方がよいでしょう。

ExcelをGoogleスプレッドシートに変換した場合、セルの幅が異なるため、図形・画像の表示を確認する場合がある

ExcelをGoogleスプレッドシート形式で開いた場合(あるいは変換した場合)、Googleスプレッドシートではややセルの幅が狭くなります。

そのため、図形や画像の表示が少し異なったものになるため、確認・手直しが必要になります。

画像の場合、画像を選択し、「サイズをリセット」などで修正することができます。

まとめ

Wordの目次機能は、Googleドキュメント形式で表示(変換)しても、反映されますし、ほぼ同じなのですが、Excelに関しては、ExcelとGoogleスプレッドシートとは少し異なる点があります。

Excelで、マクロ・マイナーな数式・グラフ・図形を使用している場合は留意する必要があります。

逆に、上記のようなExcelファイルがそれほどないのであれば、GoogleDriveへの移管は非常に簡単です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる