公庫の融資残高証明書を、手軽にすぐに取れるようにしておく方法

2021年9月27日に開設された「日本公庫ダイレクト」に登録しておくと、融資残高証明書を手軽にすぐに取ることができます。

コツは、あらかじめ「お取引先さま専用サービス」の登録まで完了しておくという点です。

※この「お取引先さま専用サービス」の登録まで完了するには、本人限定受取郵便の受取りが必要になるため、4,5日が必要です。

目次

日本公庫ダイレクトとは

「日本公庫ダイレクト」とは、日本政策金融公庫は、2021年9月27日が開設・リリースしたサービスです。

日本公庫ダイレクトに登録しておくと、以下のメリットがあると説明されています。

  • 取引状況の確認が、オンラインですぐに可能になる
  • 残高証明書などの各種証明書の発行が、オンラインですぐに可能になる
  • 日本政策金融公庫への来店予約や借入れの問合せがオンラインからできるようになる
  • 経営に役立つ情報やセミナーの情報の配信がある

会員登録

STEP
日本公庫ダイレクトのトップページにアクセス
STEP
一番下の会員規約に同意して「新規会員登録へ」
STEP
メールアドレスと秘密の質問(仮パスワード)を入力
STEP
メールアドレス宛てに、ID仮登録メールが届くのでクリック
STEP
最初の設定した秘密の質問(仮パスワード)を入力
STEP
基本情報を入力後、使用していくパスワードを設定
STEP
本登録完了!IDが発行される

このメールに記載の「ID」と、本登録の際に設定した「パスワード」を、ログインのときに使用していくこととなります。

STEP
ログイン(メール記載の「ID」と、登録時の「パスワード」)
STEP
ログイン後のページ

お取引先さま専用サービス登録しておく

残高証明書をすぐに発行できるようにしておくには、「お取引先さま専用パスワード」を設定しておく必要があります。

STEP
ログイン後画面下の、お取引さま専用サービスの「利用申請へ」をクリック
STEP
利用申請完了
STEP
4,5日後、「本人限定受取郵便」で初回パスワードが届く

本人確認のため、運転免許証を提示するなどして受け取ります。

ここにもっとも時間がかかります(4,5日程度)。

残高証明書をすぐに取り寄せるようにしておくためには、「このお取引さま専用サービス」の登録までしておく必要があります。

STEP
お取引さま専用サービスの「お取引状況照会」→概要の把握が可能
STEP
証明書オンライン発行→残高証明書
STEP
日付指定して表示(PDF)をクリック
STEP
残高証明書がすぐに発行されます

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる