【長崎市】製品・技術「優れモノ」認証制度

長崎市内の中小企業者等の製品・技術で、新規性・独自性・市場性が認められるものについて、長崎市がPR等の支援を行ってくれる認証制度があります。

目次

【長崎市】製品・技術「優れモノ」認証制度とは?

「優れモノ」認証制度とは、長崎市内の中小企業者等の製品・技術で、新規性・独自性・市場性・有用性が認められる場合には、長崎市が「優れモノ」として認証し、PR等の支援を行うというものです。

うち、長崎市役所での使用が見込まれるものについては、「トライアルオーダー認定品」とされ、長崎市が優先的に購入や賃借などを行い、官公庁の販売実績をつけてくれるようです。

メリット

優れモノ認証書・ロゴマークの授与 (認証式のプレスリリースあり)

「優れモノ認証品」のロゴマークが授与されます。

認証式のプレスリリースもあり、販路開拓・販路拡大に活用することができます。

長崎市製品・技術「優れモノ」PR補助金が活用可能となる

認証を受けた製品・技術について、販路開拓・販路拡大のための補助金(長崎市製品・技術「優れモノ」PR補助金)の申請が可能となります。

補助対象経費
  • 認証製品・技術の出展負担金・小間料・小間装飾費(備品購入除く)・運搬費・旅費
  • HP作成・改修の委託料
  • パンフレット・チラシ・カタログ・ポスターの作成委託料・印刷製本費
  • 広告掲載料・広告デザイン委託料
  • 動画作成の委託料
  • パンフレット・ホームページ・プロモーション動画の全部or一部を外国語で制作する場合の翻訳委託料

その他詳細な補助金の要件は、長崎市該当ページで確認することができます。

長崎市融資制度「中小企業いきいき企業者支援資金」が活用可能となる

認証を受けた製品・技術について、長崎市の制度融資である「中小企業いきいき企業者支援資金」が活用可能となります。

長崎市が保証協会への保証料を全額負担してくれ、金利も1.4%です。

「トライアルオーダー製品」としての認定(長崎市の優先購入)

別途申請が必要ですが、「トライアルオーダー製品」としての認定を受けることができれば、長崎市が優先的に購入してくれるようになります。

また、官公庁への販売実績をもとに、他自治体・企業への販路開拓・販路拡大を進めていくことができるようになります。

市関連の広報媒体でのPR

アドバイザーの派遣等

要件

対象者

次の要件をすべて満たす事業者

  • 中小企業者or中小企業団体である
  • 長崎市内主たる事業所がある or 新商品を製造する拠点を有している
  • 長崎市内で1年以上事業を営んでいる
  • 長崎市税、事業税、消費税及び地方消費税を滞納していない
  • 申請時に長崎市の指名停止を受けていない

募集期間

令和3年4月1日 ~ 令和3年9月30日

要件

長崎市内で製造・開発した製品・技術で、「新規性」「独自性」「市場性」「有用性」が認められるもの

ただし、医薬品・医薬部外品・化粧品・農林水産物及び加工飲食料品・設計・企画試作段階のものは除く

提出書類

  • 優れモノ認証申請書(第1号様式) ※フォームは長崎市該当ページにあり
  • パンフレット、性能・効果を示す書類、安全性等関係法令基準を満たしていることを証明する書類
  • 定款・登記事項証明書(個人事業の場合は、代表者の住民票)
  • 直近3事業年度の決算報告書
  • 市税、事業税、消費税等を滞納していないことを証する書類(非課税の場合にはその旨の申立書)

認証基準

  1. 新規性・独自性が見込まれるかどうか
  2. 市場性・有用性が見込まれるかどうか
  3. 製品・技術が、関係法令に違反しないor違反する恐れがない
「トライアルオーダー認定制度」での認定基準
  1. 長崎市において使途が見込まれる
  2. 申請の時点が、新商品の販売を開始してから概ね5年以内である
  3. 資金調達・生産体制が確保できている

審査手順

  1. 長崎市担当課による事前審査(書類審査)
  2. 外部委員による審査会(申請者によるプレゼンテーション含む)
  3. 認定されると→市長名により認証

認証期間

認証の通知をした日から3年を経過した日の属する年度の末日まで

まとめ

新製品・技術の販路開拓・販路拡大にあたっては、実績がないことがネックになってくるため、長崎市のお墨付きを得ることができれば、販路開拓・販路拡大に弾みをつけることができそうです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる