バランスという視点の提供

目標の達成によって得られる「成果」には”バランス”が必要ですし、そのバランスが取れているか、時々そのような視座で問いかけるのもよさそうです。

伊藤守「図解コーチングマネジメント」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を参考として。

目次

達成から得られるものにはバランスが必要

目標を達成するにしても、例えば、お金だけを得られたとしても、あるいは、地位だけが高まったとしても、人は満足しないものです。

得られるものが、様々な領域のバランスを取っていてはじめて、充足・実現する傾向があります。

具体的な視点4つ

伊藤守「図解コーチングマネジメント」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を参考として、その領域・視点を挙げると、以下のようなものになります。

経済的メリット

自身の目標・予算に見合った収入かどうか。病気等の保障は安心できる程度か。

非経済的メリット

健康(ほどよいストレス環境)

心身ともに健全でいられる状況か。
ストレスの軽減が可能で、ストレスに対する抵抗力もほどよく持つことができる環境か。

友人・家族との関係性

友人・家族との人間関係が安定的か。

職業(キャリアパス、適性、信頼関係)

キャリアパスに沿っているか、適性に合っているか。
周囲との信頼関係が築けているか。

第三者だからこそ

上記の視点のバランスがうまく取れている状態かどうか、意外と自分でも見落としがあったりします。

第三者だからこそ、多様な視点を提供することができます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる