多機能ペンケースのコストパフォーマンス

ペンケースは、多機能ペンケースである「ネオクリッツシェルフ」を使っています。

とても快適です。

目次

多機能ペンケース「ネオクリッツシェルフ」とは

ネオクリッツシェルフ」とは、KOKUYOが出している多機能ペンケース(ツールペンケース)です。

ネオクリッツはシリーズになっていて、様々な「ネオクリッツ○○」が出ています。

ネオクリッツシェルフは、2019年2月に発売された最新のものです。

文具がコンパクトに収納できるペンケースです。

外観です。

デコボコがないのでしまいやすく、持ち手を引っ張れば、バッグの奥にあってもすぐに取り出せます。

中身はこんな感じです。

棚(シェルフ)の設計になっています。

左右それぞれの棚設定になっているので、文具の大きさごとに整理して収納しておくことが可能です。

実際に使ってみて

実際に使ってみた使用感です。

棚(シェルフ)ごとに収納する文具が決まっているので、中をごそごそ探す手間が必要ない

ネオクリッツシェルフの最大の特徴である「棚(シェルフ)」は、普段ペンケースにしまっている文房具の種類や大きさが考えつくされています。

自然な流れで収納する棚は決まっていて、一目して見えるので、ペンケースの中をごそごそ探す必要がなくなります。

この”ごそごそ探す”無駄時間とストレス(特に急いでいるときなど)がなくなるというのは、非常に大きなメリットだと感じます。

縦型なので省スペース

縦に置いて使えるので、横に置くよりもものすごく省スペースです。

しかも、縦型なのでどこに何を収納しているかが一目瞭然です。

デスクに他に置きたい物を優先できます。

外観がデコボコしていないので、バッグにしまいやすい

外観が、一定の形をしているので、バッグにしまいやすいです。

大体のビジネスバッグの縦のサイズに揃っており、持ち手もついているので、バッグが一杯でも非常に取り出しやすいです。

また、従来のネオクリッツはナイロン製が主だったのですが、ネオクリッツシェルフは布製になっていて、見た目もいい感じです。

まとめ

KOKUYOの「ネオクリッツシリーズ」には、様々な種類のものが出ていて、お好みのタイプが選べます。

僕の場合は、以下のような経緯で「ネオクリッツシェルフ」にたどり着きました。

「ネオクリッツ」がいいらしいと聞き、「ネオクリッツ」を購入
  ↓
形がデコボコしているし、ナイロン製で見た目が、、
  ↓
「ネオクリッツフラット」を購入。フラットなのでバッグにしまいやすい。
  ↓
中身がごちゃごちゃしてしまいがち、、
  ↓
「ネオクリッツシェルフ」を購入。今ここです。

多機能ペンケースは、一度使うと他のものが使いたくなくなるくらいハマりますね。

コストパフォーマンス、十二分に感じています!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる