広告の文章表現いろいろ①

広告へ載せる文章表現には様々あります。

大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)を参考として。

目次

誰に何を言うかによって表現が変わる

「誰に何を言うか」によって、表現は変わってきます。

もともと強い関心を寄せている人にはしっかりと届く文章でも、まったく関心のない人にとってはまったく響かない(むしろ引いてしまう)文章であったりもします。

そのため、まずは、「誰に」買って欲しいと思っているのかを見極める必要があります。

”買ってくれそうな層”を見極める

相手視点に立ったうえで、”買ってくれそうな層”を見極めてみたいところです。

大橋一慶著「セールスコピー大全」(ぱる出版)では、まずは3種類に分けて考えるべきと整理されています。

  1. その分野の商品に強い関心を持ち、強く欲しいと思っている層(購入意欲の強い客)
  2. その分野の商品を少し知っているけれど、まだ欲しいとは思っていない層(検討客)
  3. ベネフィットには興味があるけれど、その商品によって満たされることを知らない層(購入意欲の低い客)

「購入意欲の強いターゲット」に向けての表現いろいろ

上記のうち、「購入意欲の強い客」向けであれば、もともと商品そのものに強い関心を持っているため、「商品名」と「特典」をダイレクトに届ける文章の方がよさそうです。

  1. 「商品名」と「特典」をストレートに強調して載せる
  2. 「あの」~
  3. 「人気の」~、「話題の」~
  4. 「いま」~
  5. 人気・話題であることを具体的に載せる
  6. 「売れている」~
  7. 「ついに」~
  8. 「お急ぎください」「次回入荷未定」「在庫限り」(緊急性)
  9. 続きはこちらで
  10. 特典の表現を工夫する
  11. 特典の理由を明記する(なぜ特典をつけるのかを明確にし、品質に問題ないことを明記する)



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる