「長崎版」事業継続支援給付金(2/19公表FAQ)

「長崎県事業継続支援給付金」について、令和3年2月19日にFAQが公表されています。

目次

「長崎県事業継続支援給付金」とは?

「長崎県事業継続支援給付金」とは、先般、長崎県全域に特別警戒警報・長崎市内に緊急事態宣言が発令されたことに伴い、事業活動に大きな影響を受けている事業者等に対して、県と市町が連携して給付金を給付することとしているものです。

この件について、現時点で分かっていることを、以前、記事をしていますのでご参照ください。

FAQ(2月19日時点)より

2/19時点のFAQが公表されていましたので、そのなかから抜粋し、本給付金の取扱いを見ていきたいと思います。

どんな業種が対象になるか?

FAQに名前を挙げて想定されている業種
  • 飲食業に提供される物・サービスの供給事業(飲食料品、おしぼりなど)
  • 農業
  • 漁業
  • ホテル・旅館
  • 土産物店
  • タクシー

例示にかかわらず、要件に合致している場合、幅広い業種が対象となるとの記載もあります。

(別途、市町によって基準が設けられる場合あり。)

複数の店舗がある場合、店舗の数だけ申請できるのか?

できない。

複数店舗あっても、1事業者につき1申請のみ。

本社は長崎県内だが、店舗は長崎県外のみの場合、対象になるか?

対象になる。

要件を満たしていることが前提。

本社は長崎県外だが、店舗は長崎県内にある場合、対象になるか?

対象にならない。

法人の場合、本社が長崎県内にあることが要件。

創業して1年経っていない場合、要件を満たすか?

前年比、前々年比の減収が要件となっているため、創業して1年未満の場合、満たさない可能性があります。

その場合は、以下の対応となります。

令和2年2月2日~令和2年11月1日に創業

「令和2年2月分の売上」
or
「令和2年2月から令和2年12月までのうち、任意の連続する2か月分の売上の平均月額」

いずれか高い方を、令和2年1月or2月の売上高とみなす。

→令和3年1月or2月の売上高と比較し、50%以上減少しているかどうか。

令和2年11月2日~令和2年12月末日に創業

「令和2年12月分の売上」
or
「令和2年11月分+12月分の売上の平均月額」

いずれか高い方を、令和2年1月or2月の売上高とみなす。

→令和3年1月or2月の売上高と比較し、50%以上減少しているかどうか。

趣味で家庭菜園の野菜を売っているような場合、どうなるか?

対象にならない。

事業者であることが要件。申請時には確定申告書写し等が必要となる。

申請のための必要書類はどのようなものか?

  • 市町が公表する申請書様式
  • 事業内容が確認できる書類(確定申告、営業許可証、謄本、開業届等)
  • 月別売上高が確認できる帳簿等
  • 振込先口座の通帳
  • 本人確認書類(個人事業主の場合)

(別途、市町によって追加の添付書類が設けられる場合あり。)

影響を受けたことを証明するための書類として、どのような書類を保管しておくべきか?

「県の営業時間短縮要請に応じた飲食店等と直接・間接の取引があること」の影響

飲食店と直接取引がある事業者
  • その飲食店の基本情報が分かる書類
    (名称、連絡先、所在地、法人の場合は法人番号、営業許可番号等)
  • その飲食店との取引を示す書類
    (売上台帳、請求書・納品書・領収書等の帳票、取引内容が分かる通帳等)
その他の事業者
  • その取引先の基本情報が分かる書類
    (名称、連絡先、所在地、法人の場合は法人番号等)
  • その取引先との取引を示す書類
    (売上台帳、請求書・納品書・領収書等の帳票、取引内容が分かる通帳等)
  • 申請者の商品が、時短要請に応じた飲食店等に届いていることを示す書類
    (その取引先が、時短要請に応じた飲食店等と取引していることを示す書類)

(別途、市町によって追加の添付書類が設けられる場合あり。)

「県内における不要不急の外出・移動自粛による直接的な影響を受けたこと」の影響

  • 主に対面で、商品・サービスの提供を行っていることが確認できる書類
    (商品・サービスの一覧表、店舗写真等)

「長崎市において時短営業の依頼に協力したこと」の影響

  • 営業時間短縮等の依頼に協力した状況を確認できる書類
    (時短営業のお知らせ(貼紙等)を店舗に掲示している写真、時短営業をお知らせしたHPやSNSの画面を印刷したもの 等)

申請窓口は市町

申請の窓口は、各市町となっています。

2/17においては、壱岐市は申請方法を掲載しています。

その他の市町においては、申請開始は概ね3月上旬からになるところが多いようです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる