ながさきコロナ対策飲食店認証制度【速報】

令和3年6月15日付で、長崎県のHPに、「ながさきコロナ対策飲食店認証制度」が公表されています。

目次

概要

飲食店の新型コロナ感染防止対策の徹底を図り、利用者が安心して飲食店を利用できるようにするために、長崎県が飲食店への認証制度を始めるというものです。

必要設備購入への補助金も出ることとなっています。

補助金について

「ながさきコロナ対策飲食店認証制度補助金」という名称で、認証を受けるために感染防止のための必要設備を購入した場合における補助金です。

よって、事前に「ながさきコロナ対策飲食店認証」の取得が必要です。

対象者

次のすべての要件を満たす事業者

  • 「ながさきコロナ対策飲食店認証」の取得のために必要な設備投資を行う者
  • 飲食を主な目的とした設備を持つ飲食店
    ×テイクアウト型、デリバリー型、遊戯施設
  • 中小企業者(資本金5,000万円以下 or 従業員数100人以下)または個人事業主
  • 暴力団員等又は暴力団密接関係者に該当しない者

補助金額

1店舗あたり上限10万円

対象経費

次のすべての要件を満たす設備

  • 「ながさきコロナ対策飲食店認証」の基準を満たすための設備等
  • 認証制度開始(令和3年6月15日)以降に購入した設備等
  • 【飛沫感染防止】パーテーション、アクリル板、透明ビニールカーテン
    【接触防止】消毒液(足踏み式)、非接触型体温計、サーモカメラ、非接触型消毒液ディスペンサー、非接触型ソープディスペンサー、コイントレー、蓋付き便器
    【換気機能向上】二酸化炭素濃度測定器、サーキュレーター、網戸(玄関用)

どのような設備が必要か不明な場合には、現地調査の際に、調査員に確認したうえで購入することが推奨されています。

よって、具体的には、①認証のチェックリストと照らし合わせて明らかに必要な設備(令和3年6月15日以降購入+②現地調査の際に調査員に必要と判断した設備、ということになるかと思います。

申請方法

申請は店舗ごとに行うこととされています。

申請の様式

  1. 表紙兼申請チェックリスト
  2. ながさきコロナ対策飲食店認証制度補助金交付申請書兼実績報告書(様式第1、2号)
  3. 誓約書(様式第3号)
  4. 取組み内容の分かる領収書、レシート写し
  5. 振込先口座が分かる通帳写し(表紙+見開き)
  6. 【個人事業主】運転免許証 or マイナンバーカード写し or 健康保険証写し

申請書類の入手方法

令和3年6月15日現在では、まだ長崎県の該当ページには公開されていません。

令和3年6月18日(金)に、県から直接郵送されるとされています。

詳細についてはまだ決まっていない部分があります。

ながさきコロナ対策飲食店認証の流れ

流れ

長崎県「ながさきコロナ対策飲食店認証制度」ページより
STEP
チェックリストで自店の状況をチェック

基準を満たしていない場合、不足している設備等を整備

STEP
認証の申請
STEP
現地調査を受ける

基準を満たしていない場合、不足している設備等を整備

STEP
認証

ステッカーが交付される
県市町のHPで認証を受けた店舗としてリストアップされる

STEP
認証のために設備購入した場合→補助金申請

申請方法

郵送(6/15受付開始) or 電子申請(7月上旬開始予定)

【郵送先】簡易書留orレターパック
〒850-8606
長崎中央郵便局 私書箱6号
「ながさきコロナ対策飲食店認証制度 認証申請窓口」 宛て

申請の様式

長崎県の該当ページよりダウンロードすることができます。

  1. 必要書類チェックリスト
  2. 認証申請書(様式1号)
  3. 誓約書(様式外)
  4. 食品衛生法の規定による許可証の写し
  5. 認証基準チェックリスト

①必要書類チェックリスト、②認証申請書、③誓約書については、記入例があります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる