「環境」を整えるという視座

目標に向かっての行動をサポートするにあたっては、”「環境」を整える”という視座を持ちたいと考えています。

伊藤守「図解コーチングマネジメント」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)から学んだこと。

目次

行動の障害になるもの

行動する上で、それがなかなか進まない場合、どうしたらよいのでしょうか。

”やる気の問題だ”では、随分端折りすぎている指摘だと思います。

きっと言われた側は、自分を無意味に責めたりもし、何も改善できず、結果、行動がより停滞する可能性もあります。

しかしながら、”よい環境”が整えば、自然と人はそこに向かって足が向くものといえます。

「環境」を整えるという視座を持つ

”人の気持ち”に切り込んでも行動が変わらない場合があります。

そうではなく、いかに「環境」を整えるか、という視座を持つ方が建設的です。

どのような「環境」が整えば、行動することができるのか、ということです。

持つ視点3つ

その人にとってどのような「環境」が必要なのか

どのような「環境」が整えば、できるようになるのか。

もっと具体的にいえば、その「環境」を整えてくれそうな外部の人・物などとの連携ができそうかどうか。

できそう、と思った場合、結果それができたかどうか。できずにいるとしたら何が障害なのか。

ほかの”物の見方”を提供し、視野を広げてもらう

様々な見方があることを知ってもらうのも、ヒントになるかもしれません。

自身の思い込みでできない状態になっていないか。

他の人の見方として、どのような見方が考えられるか。

「安心」であること、「安全」であること

自分には他でしっかりとした経験や地盤があること。

また、その環境を整えるために、誰にアプローチすればよいのか。どこに行けばよいのか。

闘っているのは1人なのではなく、回りには協力してくれそうな人がいるということ。

周りに頼ることで乗り切ることができる余地があること。

「安心」であること。「安全」であること

どのような「環境」が整えばよいかより具体的に明らかにしていくこと。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる