価値観の「軸」を把握する

判断にブレがないようにするには、判断の「軸」がある必要がありますし、迷いや時間の浪費もなくなります。

伊藤守「図解コーチングマネジメント」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を参考として。

目次

価値観の「軸」を把握するメリット

価値観の「軸」を把握すると、以下のようなメリットがあると思われます。

  • 他人の言動・状況に左右されない
  • 多方面にエネルギーを浪費しなくて済む
  • 決断のスピードが上がる
  • 他人からの信頼を得ることができる

問いかけ

価値観の「軸」を把握してもらうためには、以下のような問いかけをしていくことがきっかけになりそうです。

伊藤守「図解コーチングマネジメント」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)で挙げられていた問いかけは以下のような視点です。

「仕事に対して、お金以外の何を得たいと思っているか?」

「仕事から、お金以外に何を得ていると感じているか?」

「仕事が面白いと感じるのはどんなときか?」

価値観の棚卸の際のたたき台

同じく、伊藤守「図解コーチングマネジメント」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)で挙げられていた価値観を棚卸しするときの基軸になる要素は以下のようなものです。

  • 「挑戦」 →興奮、驚き
  • 「貢献」 →尽力する、援助する
  • 「習得」 →極める、卓越する
  • 「発見」 →学ぶ、観察する、掘り下げる、突き止める
  • 「楽しむ」 →遊ぶ、面白い
  • 「教える」 →引き出す、アドバイスする
  • 「指導」 →先頭に立つ、方向を示す
  • 「勝つ」 →成功する、成し遂げる
  • 「影響」 →影響を与える、活力を与える
  • 「創造」 →独創的、オリジナリティ
  • 「関わる」 →家族、友達
  • 「精神的」 →精神性、静寂
  • 「きれい」 →洗練されている、魅力的

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる