長崎県「新しい生活様式対応支援補助金」、一定の場合には追加申請が可能

長崎県「新しい生活様式対応支援補助金」は、令和2年10月30日で受付期間が完了しました。

しかし、一定の場合には、追加申請が可能です。

目次

長崎県「新しい生活様式対応支援補助金」とは?

長崎県「新しい生活様式対応支援補助金」とは、長崎県のコロナ対策の補助金です。

長崎県HP

店舗等で消費者と接触する機会の多い中小事業者の感染対策の費用負担(マスク、空気清浄機等)を補助するためのものです。

なお、この補助金は、令和2年10月30日で受付が終了しています。

どのような場合に、追加申請が可能?

この補助金について、追加申請が可能とされています。

ただし、以下に該当する事業者のみ対象です。

追加申請が可能な事業者
  1. 8月14日までに、すでに長崎県「新しい生活様式対応支援補助金」を申請し、決定をうけた事業者
  2. 上記のうち、補助上限額(税抜10万円)に達していない事業者
  3. 上記のうち、上限額に達するまでの金額で、1回のみ追加申請が認められる
  4. 追加申請の期限は、11月30日

なぜ追加申請が認められたのか

当初、本補助金の受付期限は、8月14日までとされていました。

しかし、7月28日に、受付期限を10月30日までに延長することが発表されました。

この延長を知らずに、受付期限を8月14日までと考えたまま申請をした事業者もいることから、これを救済するため、追加申請が認められることとなったようです。

どのようにして追加申請する?

追加申請のための用紙は、8月14日までに申請し決定を受けた事業者に対して、決定通知書に同封して送付されています。

この追加申請用の各書類に、領収書などを添付し、令和2年11月30日(月)(当日消印有効)までに忘れずに申請しましょう。

該当する事業者は、県からの決定通知書などの入った封筒の同封書類に留意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる