長崎県下、事業継続支援給付金事業の現況(3/25時点)

長崎県の各市町で、先般の特別警戒警報(県下全域)、緊急事態宣言(長崎市内)に伴う給付金に関する情報が出ています。

目次

長崎県事業継続支援給付金事業とは

長崎県事業継続支援給付金事業とは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、先般、発令された特別警戒警報(県下全域)、緊急事態宣言(長崎市内)により、事業活動に影響を受けた事業者等に対して、県と市町が連携して事業継続支援給付金を給付するというものです。

長崎県内各市町の状況

長崎県から、事業としての情報公表があります。

ただ、実際には、各市町ごとに独自の要件や上乗せがあります。

一覧すると、3/22現在では、以下のようになっています。

長崎県「長崎県事業継続支援給付金事業について」ページより

申請期間、担当課、コールセンターとしては対馬市、五島市、東彼杵町、川棚町、小値賀町以外は出揃っている状況です。

申請期限は、もっとも早い市町としては、壱岐市3/26(金)です。

もっとも遅い市町としては、島原市、平戸市、雲仙市、南島原市、波佐見町、佐々町の5/31(月)のようです。

事業内容の概観

ざっくりと、各市町の状況をまとめてみました。

各市町申請期限給付額要件の特徴リンク
長崎市4月30日(金)20万円(20%以上減収)
30万円(50%以上減収)
・業種フローチャートあり
・創業特例あり
・住民税申告特例あり
リンク
佐世保市4月30日(金)15万円(20%以上減収)
25万円(50%以上減収)
・創業特例ありリンク
島原市5月31日(月)10万円(20%以上減収)
20万円(50%以上減収)
・創業特例ありリンク
諫早市4月30日(金)20万円(20%以上減収)
30万円(50%以上減収)
・創業特例ありリンク
大村市4月16日(金)20万円(50%以上減収)・創業特例ありリンク
平戸市5月31日(月)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)
松浦市5月14日(金)15万円(20%以上減収)
20万円(50%以上減収)
・創業特例あり
・店舗等の使用状況で制限あり
リンク
対馬市調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)
壱岐市3月26日(金)20万円(20%以上減収)・業種指定あり
・創業特例あり
リンク
五島市調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)
西海市4月30日(金)20万円(50%以上減収)・特殊な収入要件ありリンク
雲仙市5月31日(月)10万円~35万円(20%以上減収)
20万円~70万円(50%以上減収)
※従業員数に応じて
・特殊な創業特例あり
・従業員数に応じて給付額に差あり
リンク
南島原市5月31日(月)10万円(20%以上減収)
20万円(50%以上減収)
・特殊な収入要件あり
・創業特例あり
リンク
長与町4月30日(金)20万円(20%以上減収)
30万円(50%以上減収)
・創業特例あり
・雑・給与の特例あり
リンク
時津町4月30日(金)20万円(20%以上減収)
30万円(50%以上減収)
・創業特例ありリンク
東彼杵町調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)
川棚町調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)
波佐見町5月31日(月)10万円(20%以上減収)
20万円(50%以上減収)
・特殊な創業特例あり
リンク
小値賀町調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)調整中(3/22現在)
佐々町5月31日(月)20万円(20%以上減収)
30万円(50%以上減収)
・特殊な収入要件あり
・創業特例あり
リンク
新上五島町4月30日(金)20万円(50%以上減収)・創業特例あり
リンク

各市町ごとに、業種、収入要件、創業特例、従業員数要件、店舗等の使用状況要件など、独自の要件や特例があるので、申請要領をよく読み込んでの対応が必要そうです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!
目次
閉じる